ファイヤーワールドブログ

冬は薪ストーブ、夏は?

薪ストーブ 東京 ファイヤーワールドブログ

あつい日が、続いております。もう、だめなんじゃないか。俺?と何度

心の中でつぶやいたことでしょうか。そう思うたびに、家の脇の路地を















ぽてぽて抜けると、其処にはまだ手押し式の井戸が現役でおります。

















我が家を含めた数件で、大事に利用させて頂いております。















その中でも、僕が一番有効利用しております。

金魚の水換え、インディゴ製品の洗い、植木の水やり、

井戸端会議、散髪後の流しそして

なんといっても、冬は薪ストーブ、夏は井戸水浴びが最高です。

ちょっと、足先だけでも

このたらいに入れてみますと、とても冷え冷えで、

今までの落ちた気分が一新できます。

ほんとは、子供用のビニールプールに井戸水くんで飛びこんじゃいたい気分ですが、

とうとう、やっぱりあいつはイったなと、ご近所の方に確信されちゃうので

ここは、ぐっと我慢して頭からじゃーとハンドルをこいで水を浴びます。















靴もがしがし洗ってあげます。また、このお厩長屋の通りには、もう数十歩いくと

以前NHKの連続テレビ小説でブームだった<昔すぎるか。>おしんの撮影現場

の井戸も健在です。長屋は、残念ながら数年前に取り壊されましたが。

















洗い場?も広くこっちならビニールプールが置けそうです。















水もつめたーい。ふらふらさいこーです。

ところで変わった家のお向かいには、

やはり風変わりなアメリカ人の在家僧侶、文筆家、

の方が引っ越していらっしゃいまして。日本の文化やアートにも

造詣が深く、

水脈ならぬ血脈とまで、井戸に想いをいだかれて、

以前ここにもうひとつあったであろう井戸を

復活させてしまいました。

ですから、ぼくの家の周りは井戸だらけです。
















玄関を出ますとほぼ9歩で、お向かいの家の井戸があります。

有り難いです。昨晩も、この井戸水をそこのポリタンクに、

10往復ほど弟がバスタブに注ぎまして、<自然は凄いっ!>と

感嘆しておりました。僕もその鉱泉にも似たやや鉄分の多い

<別の水脈と思われる>井戸水風呂を予想を超える冷たさ

を頂き、すっかり冷え冷えのすやすやな夜を

東京の都会の片隅で味わいました。

有り難うございます。

by fireworldblog on 2013年08月15日

カテゴリー: その他 タグ:

ブログカレンダー

7月 2021年8月 9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



薪ストーブに関する
ご質問は

お電話でのお問い合わせお電話でのお問い合わせ

TEL:03-3616-2871

FAX:03-3616-2872

【営業時間】
月〜金 10:00〜18:00/土・日・祝10:00〜16:00

※年末年始・夏期休業など臨時休業あり

【ショールームにお越しのお客様へ】
必ず事前に来店のご予約をお願いいたします。